パチンコ業界のニュースからYoutubeパチンコ動画までまとめています
PPLINE
美人ライター名鑑
2016.07.14 » 12か月 前

【グランドオープン】ベトナムパチンコ店の詳細


国内のパチンコパチスロ業界も釘問題や規制等で揺れ動いていますが、今回は海外に目を向けてベトナムでパチンコ店が新規オープンしたというニュースを取り上げたいと思います。まずは、詳細をご覧ください。

パチンコ ベトナム

新潟県を中心にチェーン展開している三井企画は7月12日の現地時間午前10時、ベトナム南部最大の都市カントーに、同国初となるパチンコ店の新店「MEKONG GAMES」(168台)をグランドオープンした。同社が現地パートナーと共に設立した新会社「MEKONG GAMES WORLD LLC」が運営母体となる。

設置機種は、全台が普通機専門のパチンコメーカーである愛喜社製。同社は昨年初号機「CRAコスモアタック」をすでにリリースしているが、今回の出店計画を受け、同機をベースにオリジナル機を開発したという。島はエース電研、ホールコンピューターシステムは三幸電子が協力した。

遊技客はまず券売機で専用カードを購入。カードには金額に応じたポイントが記録されており、そのカードをパチンコ機の台間にあるカードリーダーに挿入すると、ポイント分がパチンコ台に移行し、遊べるようになる仕組みだ。その後、遊技によって獲得した出玉はポイント化され、カードリーダーの返却ボタンを押すことで、カードにポイント分が加算。遊技客は、この獲得ポイントを景品に交換することができる。現地では、「ボールゲーム」として扱われる。

同社の三井社長は取材に対し、「最初は、現地関係者の理解を得ることに苦労したが、動きはじめてからは早かった。市場は未知数だが、日本に似ている部分もある。今後はまず楽しみ方を覚えてもらって、現地での認知度を高めていきたい」と抱負を語った。またすでに、同国を含め隣接国での2号店、3号店の出店も視野に入れているという。

PPLINE
人気ページランキング
s_5076331571242
line%ef%bc%a0

なぜベトナムにパチンコ店なのか?

知らない方も多いと思いますので紹介させていただきますがベトナムは外国人専用カジノを含む統合型リゾート(IR)施設が8ヵ所あり、ベトナムのカジノ市場規模は約74億円です。注目すべきは内国人のカジノ利用は認められていないという点。ベトナムの人は隣接するカンボジ、アシンガポール、マカオにカジノ目的で出かけています。
自国民のカジノへの入場が可能となった場合には日本円にして約3,600億円、これだけでGDPが0.6%近く上昇すると言われています。つまりベトナムにはパチンコを展開する市場があると判断された訳です。

株式会社愛喜

今回のベトナムのパチンコ店に設置されている全台は愛喜社製で、株式会社愛喜は平成26年2月に設立されたばかりの新しい会社で昨年の7月に初号機の「CRAコスモアタック7」を発売しています。チューリップの一つ一つ、シールの一枚一枚を私たち自身の手で貼るなど、手作りの遊技機制作にこだわりお店に1台あれば何となく安心できる台を目指して大手のメーカーとの差別化を図っています。

ベトナムパチンコ①

ベトナムパチンコ②

店舗紹介

ベトナム パチンコ店

店名MEKONG GAMES
住所ベトナム南部最大の都市カントー
設置機種CRAコスモアタックベースのオリジナル機
設置台数全168台

関連記事

【徹底解説】フィリピン版パチンコとは

フィリピンパチンコ

管理人の一言

フィリピンに続いてベトナムに日本のパチンコが進出ですね。オール液晶で釘がなく設定が存在するフィリピン版パチンコと違い日本のメーカーが作った筺体を輸出している訳ですのでそう言った意味では初の日本のパチンコの海外進出と言えるのではないでしょうか?国内は厳しさを増す一方のパチンコパチスロ業界ですので早い段階から海外に目を向けて事業を展開していくのは素晴らしい事だと思います。
フィリピンパチンコ同様にベトナムのパチンコもまだまだスタートして間もくこれから色々と変化していくと思いますので、今後の動向を見守っていきたいと思います。

   
  
PPLINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です