残す所あと1ヶ月を切った屋内全面禁煙化、ホール離れも進むか!?

不特定多数の人々が出入りする公共の施設において屋内喫煙が原則禁止となる改正健康増進法が2020年4月に全面施行される。
ホールも例外では無く、これによって打ちながらタバコを吸うという行為が出来なくなるのだ。
ただアイコス、グロー等の電子タバコは少し例外で、喫煙エリア・禁煙エリアで分けられた所、または屋内喫煙スペースでは吸えるとの事。
パチンコ屋=タバコを吸う場所とも言える程に、パチンコ・パチスロユーザーの喫煙率は実に高い。
飲食店を全面禁煙にしたら売り上げが伸びた等の実績も多く見かけるが、これは子供を連れた家族が入りやすい空間になったからこそ繋がった事だろう。
一方ホールはこれにより客足が減る可能性も高いそうだが、元々タバコを吸わないユーザーからすればこれは嬉しい改正。

「タバコが吸えないのであれば、パチンコ店に行く機会は少なくなるだろう」
「吸いながら打つ。これが最高なのよ」等喫煙者の心境もうかがえるが、ホールで台の前でタバコを吸えるのも現3月2日時点で1ヶ月を切った。

でもそれにより受動喫煙を心配する必要が無い、服に臭いが付く事もなくなる、ホールがいつでも快適な空気になる等、メリットも充分にある事もまた事実。
世間からはパチンコ屋は煙たい場所とも言われていますが、それを完全に払拭しプラスになるようなイメージに書き換えられるといいですね!

Twitterの反応