東京都知事の緊急記者会見を踏まえ関東ほぼ全域で不要不急の週末外出自粛要請、パチンコ屋はどうなる!?

小池都知事は3月25日、都内での新型コロナウイルス感染者の急増を受けて緊急の記者会見を開き、都民に対し平日はできるだけ自宅で仕事を行い夜間の外出を控え、今週末は不要不急の外出を控えるよう呼び掛けました。

また、翌26日には、埼玉、神奈川、千葉の県知事も週末に不要不急の外出自粛の要請を発表する等、関東全域での感染防止対策が取られる事になりました。

そして25日の会見を受け、東京都遊協が傘下の組合員パチンコホールに対して広告宣伝の自粛など3項目の完全実施を求める文書を発出。

要請の内容は小池都知事が都民の行動に対し要請していた「密室」「密着」「密接」の「3つの密」を避ける事についての3項目。
主な対応としては、換気、清掃消毒の徹底。カウンター業務に関してはマスクの着用。
夜間の外出に対してはネオンや看板照明等、点灯時間の特段の配慮。

更に集客を目的とした広告宣伝、ホームページ、SNSも含め、第三者の目に触れる可能性のあるすべての媒体で行われる宣伝の自粛を再度組合員に要請しました。

Twitterの反応

土日に営業停止する店舗や、ホールへ行く人がゼロになる可能性は恐らくないと思いますが、従業員、ユーザーの一人一人が手洗いうがい等最低限できる対策を徹底し、なんとか感染拡大を防いで行きたいところですね。